お知らせ

2020-03-11 16:07:00

声明「東日本大震災・福島第一原発事故から

9年にあたって」

2020年3月11日
きょうされん常任理事会

 今日3月11日で、東日本大震災・福島第一原発事故から9年が過ぎました。福島県では3月4日に「帰還困難区域」の避難指示が初めて一部解除されましたが、区域の大半は解除の見通しが立っていません。岩手県や宮城県では、漁業などで震災前の暮らしを取り戻しつつある一方で、高齢化や生活上の困難は残されています。いまだに避難生活を送る人は4万人に上り、震災関連死は3700人を超えました。そのうち24%は障害のある人という報道もあり、震災後の生活においても障害ゆえの困難を強いられていることが明らかになりました※1。障害のある人の死亡率が発災当時2倍となったことを国はどこまで検証したのでしょうか。そして、わたしたち一人ひとりは、これまでの暮らし方をどうふり返り、どんな生き方を選んできたでしょうか。

 この9年の間、日本の各地で災害がたびたびおこりました。時を同じくして、社会福祉施策が「自助」「共助」へと変質していくなかで、災害時においても「自己責任」が強調されています。障害者権利条約第11条では、自然災害を含む「危険な状況において」「障害者の保護及び安全を確保するための全ての必要な措置をとる」ことを締約国に求めています。11条に則して、避難所や仮設住宅におけるバリアフリーや合理的配慮を確保すること、要支援者の避難のための個別計画を策定、実施することなどは、来る大災害の前に解決すべき政策的な課題です。

 昨年、「平成」から「令和」と年号が改まり、目下、「復興五輪」と称した東京オリンピック・パラリンピックに向けた官民を挙げてのキャンペーンが推進されています。今も脇にフレコンバックが広がっている道路を聖火リレーのランナーが走る、それを「復興」と呼べるのでしょうか。他方、毎年行なってきた追悼式がコロナウィルスの感染拡大を理由に中止となり、また今後投じられる予定の復興予算は大きく減らされています。
 いま、わたしたちに求められるのは、こうした祝賀と祭典に乗り遅れまいと駆け出すのではなく、家族との生活やふるさとを奪われた人たち、声を上げることができずに困難に耐えて暮らす人たちに想いを馳せることではないでしょうか。

 被災地では今日も目に見えない放射能の恐怖とたたかい、目の前の人の暮らしを守るために奮闘している人たちがいます。震災前の生活を奪われたまま、必死に仕事にとりくむ障害のある人たちがいます。その姿をどれだけ想像することができるか、想いを寄せ続けることができるか。
 これは、被災地だけの問題ではありません。わたしたちの問題なのです。それぞれの場所で、できることからとりくんでいきましょう。

 

1.各地で上映が展開されている40周年記念映画「星に語りて」をぜひ観てください。また、最新刊KSブックレットNo.30「10年目の真実」をぜひ読んでください。

2.支部や事業所、各地で、地域とともに、10年目に向けたとりくみを企画しましょう。

3.各地の避難行動要支援者名簿や避難のための個別計画、防災計画などの策定に積極的にかかわり、障害のある人や家族、支援者の防災・減災にとりくみましょう。

 

 pdf 声明「東日本大震災・福島第一原発事故から9年にあたって」.pdf (0.18MB)


2020-03-05 09:46:00

きょうされんは、3月4日(水)「新型コロナウィルス感染症に係る障害のある人及び障害福祉事業所に関する要望書」を厚労省に提出しました。

 

pdf 新型コロナウイルス感染症に係る障害のある人及び障害福祉事業所に関する要望書.pdf (0.14MB)

 

 2020年3月4日

 

厚生労働大臣

加藤勝信 殿

 

きょうされん

理事長 斎藤なを子

 

新型コロナウイルス感染症に係る障害のある人及び

障害福祉事業所に関する要望書

 

 

 

 平素より、障害のある人の地域生活を促進するためにご尽力されていることに、敬意を表します。

 

 さて今般、新型コロナウイルス感染症の流行拡大が国民の間に不安と混乱を広げています。障害のある人は平時から基礎疾患や健康面及び精神面の不安を抱えている場合が多く、その上に新型コロナウイルス感染症という目に見えない不安要素が加わり、そのストレスや対策のための労力の大きさは計り知れません。また、障害福祉事業所のみなさんは支援や経営に係る不安を抱えつつ、障害のある人を支える活動を懸命に継続しています。こうした中、障害のある人の感染が確認されたとの報告もあり、緊張感が高まっています。

 

 こうした目下の状況を踏まえ、障害のある人の命と健康を守る観点から、下記の点を要望いたします。

 

 

 

1.予防のための措置について

 

 〇 障害福祉事業所や障害のある人の家庭、病院等に対し、マスク、消毒液等予防のために不可欠な物資が優先的に供給されるようにするための措置を講じてください。上記物資の備蓄分を障害福祉事業所等に提供し始めた自治体があることから、こうした取組みを全国の自治体に要請してください。

 

 〇 新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる場合や、感染者の濃厚接触者となった場合等にどうすればよいのか分らないという障害のある人や家族等の訴えがあります。こうした場合の相談窓口に関する情報を広く、わかりやすい形で周知してください。また、感染者や濃厚接触者等が不当な差別的取り扱いを受けないよう、ウイルスに関する正しい知識や対処の方法も同様に周知してください。

 

 

 

2.検査と治療体制について

 

〇 障害のある人の間でも、症状が見られるにもかかわらずPCR検査を受けることができないケースがあり、家族や事業所の対策が後手に回るとの指摘があります。検査体制を早急に整備するとともに、障害のある人や高齢者等が優先的に検査を受けることができるようにしてください。

 

〇 障害のある人の感染が確認された場合に速やかに適切な治療を受けることができるようにしてください。グループホームや入所施設等で集団での生活をする人が感染した場合には、優先的に入院できるようにするとともに個別に応じた適切な支援策を講じてください。

 

〇 障害のある人は低所得であることが多いことから、新型コロナウイルス感染症の治療等にかかる費用の助成制度を創設してください。

 

 

 

3.事業所や障害団体等への支援について

 

 〇 障害福祉事業所における生産活動も、新型コロナウイルス感染症の拡大で大幅な縮小を余儀なくされており、障害のある人への工賃等の支払いが困難になる事態が懸念されます。新型コロナウイルス感染症の影響による生産活動の損失を補填するための措置を講じてください。

 

 〇 報酬が日額方式であることから、事業所は休業した場合に無収入になることへの不安を抱えています。このような事態で、事業所が安心して休業を含む適切な対策を講じることができるよう、報酬を月額方式にすることを検討してください。

 

〇 本年2月20日付事務連絡にて、都道府県等からの要請を受けた休業や市町村の判断で障害のある人が休所する場合には、居宅等で支援をしたと市町村が認めれば報酬の対象にできるとされています。これをさらに拡大し、すべての支援メニューにおいて、障害のある人が自主的に休所及び支援のキャンセルをした場合並びに事業所が自主的に休業した場合も、電話での相談等居宅以外の方法を含め支援をした場合は、報酬の対象としてください。これらを実施してもなお、従前と比較して大幅な減収となる場合には、これをさらに補填するための措置を講じてください。

 

〇 小中高等学校等の臨時休校が広がり、子育て世代の支援員等が出勤できない等、障害のある人への支援の現場で支障が出始めています。支援員不足を補うための対策により追加の人件費が発生した事業所に対し、これを補填するための措置を講じてください。

 

〇 政府の要請を受け、事業所や障害団体等がイベント等を中止する動きが広がり、これによるキャンセル料の発生や予定していた収益が得られない等の損失が生じています。財政基盤の脆弱なこうした事業所や団体等への経済面での救済措置を講じてください。

 

 

 

4.今後に向けて

 

 〇 新型コロナウイルス感染症の影響で障害福祉事業所等が休業する場合のガイドラインを、専門家の意見を十分に踏まえて作成、公開してください。

 

〇 仮に障害福祉事業所に一律の休業を政府が要請した場合、障害のある人の介護にかかる家族の負担が増し、家族全員が心身ともに疲れ果て、最悪の事態にもつながりかねません。障害福祉事業所に一律の休業要請は行わず、個別の判断と対応に対して国及び自治体が手厚く支援してください。

 

〇 連日、事務連絡が発出されていますが、五月雨式で内容も分かりにくくなっています。ポイントを絞って、必要な情報を分かりやすい形式で提供してください。

 

 

 

以上


2020-01-10 09:21:00

2020年1月7日(火)に基本合意10年の集会が開催されました。

全国から400人が、滋賀からは元原告2人を含む12人が参加されました。

当日の様子は「障害者自立支援法訴訟の基本合意の完全実現をめざす会」ホームページよりご覧いただけます。

https://www.normanet.ne.jp/~ictjd/suit/

 

 

全国集会アピール

 

 2010年1月7日、私たち障害者自立支援法違憲訴訟原告・弁護団は、国と「基本合意文書」を結び、自立支援法に代わる新たな法律をつくるためのスタートを切りました。

 過半数を障害当事者が占めた障がい者制度改革推進会議総合福祉部会が取りまとめた骨格提言には、障害者福祉の新たな考え方がぎっしりと詰め込まれ、原告はもとより、全国の障害のある人に大きな期待と希望を抱かせました。

 しかし、その「骨格提言」は生かされませんでした。「看板のすげ替え」と揶揄されたように、自立支援法の本質が残ったままの障害者総合支援法が誕生してしまいました。私たちは言いようのないショックに見舞われました。そんな中で、はっきりと芽生えてきたのは「負けられない」という気持ちでした。あの違憲訴訟を起こしたときの想いが蘇ってきたのです。そして、これまでに増して、「基本合意を完全に実現しよう」の想いが募っていきました。

 基本合意に則って、厚労省との定期協議はほぼ毎年開催されています。そのたびに、基本合意の精神と内容を確認し、障害者総合支援法がもたらすさまざまな問題点を取り上げ、制度の改善を訴えてきました。ただし、厚労省の対応は冷たく、毎回のようにもどかしさや虚しさは晴れることがありません。貴重な定期協議をもっと実のあるものにしていかなければなりません。

 さて、基本合意が結ばれてから、10年の歳月が流れました。もし、基本合意文書がなかったとしたらどうなっていたでしょう。おそらくあの「応益負担」はもっと幅を効かせていたに違いありません。定期協議もなかったでしょう。岡山市での「浅田訴訟」など、各地の新たな裁判にも勇気を与えてくれています。

 一方で、いまだに65歳からの「介護保険優先原則」は変わらず、自立支援医療の「応益負担」は続き、事業所の経営を苦しめる報酬の日払い制度も残ったままです。また、新たな給付減と負担増が見込まれる「全世代型社会保障改革」の動きなども心配です。そう見ていくと、現状は、基本合意の完全実現とはほど遠いと言わざるを得ません。

 基本合意が結ばれた以降の大きな出来事として、障害者権利条約の批准があげられます。この権利条約は、基本合意文書の完全実現に大きな力になってくれます。これからは、基本合意と権利条約を一体化してとらえていくことが重要です。

 

 新しい年の始まりとともに、本日ここに自立支援法違憲訴訟原告・弁護団・基本合意の完全実現をめざす会、そして私たちの活動を応援してくれるみなさんと一堂に会し、新たな道のりの一歩を踏み出すことができることを、とてもうれしく思います。道半ばで亡くなられた7人の仲間の無念さを胸に刻み、これまで通り「ひとかたまり」を大切にしながら、基本合意の完全実現をめざしてがんばっていきましょう。

 

 

 

2020年1月7日 基本合意10年全国集会参加者一同

 


2019-11-18 10:25:00

きょうされんは結成以来、障害福祉についての制度拡充を求めるため、この【国会請願署名・募金運動】にとりくんでいます。常に障害のある人たちの立場に立ちながら、制度化を訴えてきたこの署名運動は、今年で43年目となります。障害があっても…「あたりまえに働き えらべるくらしを」を実現させるために、署名と募金へのご協力よろしくお願いします。

 

■請願趣旨

 現在すすめられている「全世代型社会保障改革」では、社会保障における給付と負担の見直しが検討されており、国民にさらなる負担が強いられることで、憲法25条で保障された生存権がますます脅かされつつあります。

 障害福祉においては、ここ数年、成果主義が強められ、就労系事業所では平均工賃の高い事業所がより多くの報酬を受け取る等、生産性や目に見える成果のみを評価した報酬体系となりました。また、雇用施策と福祉施策が分断されていることにより、通勤支援が受けられない等、障害のある人たちの就労の機会が奪われ続けています。

 さらに、1996年まで続いた優生保護法により、被害者は尊厳を踏みにじられてきたにも関わらず、「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」は、その人権回復には程遠い内容であるとともに、国の責任を全く明らかにしていません。

 障害者権利条約に掲げられた、障害のある人が障害のない人と同等に生きることのできる社会を実現するためには、日本の障害福祉関連予算を、せめてOECDの平均並みに引き上げることは、欠かすことのできない優先課題です。

 以上をふまえ、次の項目について請願します。

 

■請願項目

1.「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」は、国の謝罪を明記し、支給額を見直すなど、被害者の人権回復にふさわしい法律としてください。

2.障害年金を安心して生活できる水準まで引き上げるとともに、グループホームやヘルパー制度など希望する暮らしを支える制度を拡充してください。

3.「2021年度の報酬改定」では、必要な職員を確保して充分な支援ができるよう、基本報酬を引き上げてください。

4.障害のある人が65歳を超えても必要とする支援を自ら選んで利用できるよう、介護保険優先原則を廃止してください。

5.地域活動支援センターが安定して運営できるよう、国の責任で実態を調査し、制度を拡充してください。

 

 

署名用紙等は下記URLよりダウンロードいただけます。

https://www.kyosaren.or.jp/motion/9912/


2019-11-05 09:31:00

 4月24日に「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」が成立しました。

 被害者の人権回復には程遠く、不十分なはありますが、それでも被害者の方がひとりでも多く一時金を請求してほしいという願いで、きょうされんは新しいパンフレットを作りました。

 

「わたしも子どもをもちたかった ~ 一時金を請求しましょう!」パンフレットは下記URLよりご覧いただけます。

https://www.kyosaren.or.jp/wp-content/uploads/2019/04/638bb6afaf390f0b1899d3b40bc3f535.pdf

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...