インフォメーション

2015-10-14 18:49:00
 10月28日に日比谷野外音楽堂で開催される「25条大集会」の
 ホームページが完成しましたのでご案内いたします。
 
 集会の開催を呼びかける「呼びかけ人」、趣旨に賛同いただいた「賛同人」には
 多くの著名人、関係者が名を連ねています。
 以下の趣旨をご覧いただき、ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。
 
 また、月刊きょうされんTOMO10月号では、関連した特集をくみましたので
 あわせてご覧ください。
 
 <開催の趣旨>
 
 「解釈改憲」は憲法9条だけの問題ではありません。
 
 実は今、生存権保障をうたう憲法25条も骨抜きにされつつあります。
 自己責任を強調する社会保障制度改革推進法が2012年に成立して以来、
 医療、介護、年金等すべての分野で削減がおし進められているのです。
 
 その突破口とされた生活保護制度では、老齢加算の廃止、生活費や住宅費などの
 引き下げが相次いでいます。くらしの最低ラインである生活保護の引き下げは、
 すべての人の「健康で文化的な最低限度の生活」レベルの引き下げを意味します。
 
 このまま黙っているわけにはいきません。
 誰もが社会から排除されることなく、人間らしく生きることのできる
 社会保障制度を求めて、集い、つながり、そして声をあげましょう。